帽子好き必見!フックをつかった帽子の保管法

帽子コレクターの悩みを解決

ハットやキャップなどの帽子をたくさんコレクションしていると、どうやって保管するか本当に悩みますよね?帽子は型崩れしてしまうと元に戻すのがたいへんなので、きちんと保管しなくてはなりません。洋服なら、ちょっとシワになってもアイロンをかければ元に戻りますが、帽子はそう簡単にはいきませんよね。帽子専用のケースもありますが、高価で場所を取ってしまうという欠点があります。そんな帽子コレクターの悩みを解決してくれるのがフックです。

フックを使って帽子を保管するメリットとは?

フックに帽子をひっかけて、壁に吊るすだけなので、狭い部屋に住んでいても吊るす場所には困りません。壁に固定するタイプのフック以外にも、洗濯用の紐と洗濯バサミのようなフックを利用すれば、たくさん帽子を持っていてもダイジョウブ。帽子にシワやよりにくいので、型崩れすることもありません。フックを使って帽子を保管すると良いことばかりなんです。フックは一つ一つの単価が安いので、たくさん購入してもコストがほとんどかからないのもいいですね。

フックの選ぶときのポイントとは?

帽子用のフックを選ぶときは、まず第一に帽子の生地を傷めないものをチョイスしましょう。金属製の尖った部分があると、ひっかけたり取り出したりするときに帽子の生地を破いてしまうことがあるためです。また、フックの曲がり具合が浅いと帽子を保持することができないので、フックの曲がり具合にも気をつけておく必要があります。初めて購入するときは、帽子専用のフックを選んでおけば間違いないでしょう。専門店に行けば、いろいろな帽子専用フックが販売されています。なかにはとってもカワイイものもあるんですよ。お気に入りのフックが見つかるといいですね。

フックとは留め具や引っ掛ける等の意味を持った単語です。プログラミング言語でも用いられることがあり、後から別のプログラムを追加できるようにする仕組みのことを指します。