心療内科の受診時期とは?こんな時行っていいの?

気分が塞いでしまっている時には

「特に理由がないのに気持ちが落ち込んでいる。」「仕事に集中できない。」そんな経験誰でもありますよね。心療内科というと敷居が高い気がするのですが、実は病院によってはストレス外来という名前を付けて受診しやすくしていたり、ぜひひどくなる前に受診してほしいと思っているのです。特に理由がない気分の落ち込みは、うつ病によくみられる症状で数日で回復する場合は、特に問題ないことも多いのですが続く場合は要注意です。心療内科は、その時点で受診しても大丈夫です。

眠れない時に手助けになってくれます。

「なかなか、寝られない日々が続いている。」軽い運動をしたり、ゆっくり湯船で暖まったり、アロマを焚いてみたり眠るための努力をしているのになかなか眠れないのはしんどいですよね。こんな時も、心療内科は力になってくれます。最近は、睡眠薬の種類も豊富になってきて、朝の目覚めが良く聞き目の切れの良いものや、しっかり眠れるタイプのものなど種類も豊富です。不眠の場合、内科で相談しても処方してくれることもあるのですが、心療内科のほうが専門の医師が、体調に合った薬を出してくれますよ。

もちろんうつ病が心配な時にも受診してほしいです。

「うつ病かもしれない。」自分だけでなく、家族のうつ病かもしれないサインに気づいたら心療内科を早目に受診することが解決になります。心療内科には、医師だけでなく臨床心理士という専門家や経験豊富なスタッフがいるので、お薬を飲む状態でなくてもきちんと相談に乗ってくれます。カウンセリングを受け、今の心の状態を知ることが出来たり、軽い精神安定剤を処方してもらって寝る前だけ飲むことで、ぐっすり寝られるとで症状が改善することもあります。もっと、心療内科を気軽に利用して、心の健康の維持に役立ててほしいと思います。

精神的に何か疾患があって相談したいと思っている岡山の心療内科で診てもらうことによってその悩みを改善できます。