外壁塗装業者の探し方と見積もりの計算方法

外壁塗装に対する一般的な意見と失敗例

自宅の築年数がそろそろ外壁塗装を検討する時期になった場合、どの業者にどのようなプランで依頼すれば良いのかわからないというのが一般的に多い意見です。実際、業者を見つけて見積もりを計算しようと思っても、塗料の種類が多く、シーリングや下地補修などの専門的な言葉も出てきてしまい、業者の方の説明が理解できず、最終的に見積もりが予定より高額になってしまったという失敗はよくあります。そこで、ここでは業者の選び方や費用の目安について解説していきます。

信頼できる業者の探し方と注意点

業者を選ぶ際に最も重視する必要があるのは信頼性です。以前は信頼性は対面することで見極める必要がありましたが、現在はインターネット社会であるため、口コミやブログの体験談を確認すれば、ある程度の信頼性の確認は可能です。トラブルの口コミが多い業者はできるだけ避けるようにしましょう。業者が見つかると、次に行うのは見積もりです。業者の方と対面してから見積もりを行う方もいますが、こちらである程度の費用は計算することが可能で、業者が算出した見積もりがあまりにも自分の計算とかけ離れていた場合、注意する必要があります。

個人でできる簡単な見積もり方法

見積もりの計算の際、重要となるのが使用する塗料の種類です。現在最も主流となっているのがウレタン系の塗料で、一平米あたり約千八百円から二千円が平均価格となります。また、外壁塗装の際は屋根塗装を同時に行うことが多く、こちらはウレタン系の塗料であれば一平米あたり約千五百円から二千円で、瓦屋根の場合、少し費用が高くなります。これらに足場や高圧洗浄を追加した費用を自宅面積から計算し、さらに下地補修の費用を追加した金額が見積もりとなります。

外壁塗装にかかる料金は、業者や外壁の面積によっても異なってきます。そのため、事前にインターネットで外壁塗装の相場を調べておくと、おおよその料金を知ることができます。