電化せ品の開発には欠かせない!EMC試験

EMC試験ってなに?

EMC試験とは、電化製品において、装置から電磁波ノイズを発生させないことと、外部の電磁波ノイズにより電化製品が誤動作を行わないことを確認するための試験です。一派的には、この試験を通らないと聖二品として販売することができません。特に、パソコンのようの電子通信機のような装置には、この試験をパスしたことを証明するVCCIマークやFCCマークが付いているはずです。この規格は、工業用製品と家庭用製品で規格が異なり、家庭用製品の方が厳しくなっています。

EMC試験には専門の施設が必要

ある装置のEMC試験を行うためには、その装置から発生された電磁波のみを拾う必要があります。そのためには、電波暗室と呼ばれる専門の設備が必要なのです。電波暗室は、外部からの電波を遮断する機能が付いています。そのため、外部に飛び交っているテレビやラジオの電波や、航空無線などの電波を遮断することができるのです。通常、本試験は10メートル法にて測定が行われますが、電子機器の開発中などは、3メートル法のいわゆる簡易電波暗室が使用されることが多いです。

EMC対策にはコツがある

電子機器から電磁波を発生させないようにすることは、不可能です。よって、EMC試験では一定以下の電磁波ノイズであることが確認されます。ノイズのレベルを落とすのにはいろいろなコツがあります。一般的には、電磁波ノイズとして漏れやすいのは高周波なのです。それは、最近主流になっている、デジタル信号が最もノイズ源としての可能性を秘めています。デジタル信号の不要な高周波成分をカットするために抵抗を挿入するのも一つの手です。その他の手段としては、シールド板をを使用することで、高周波成分を閉じ込めてしまう方法もあります。

EMC試験とは、EMCと呼ばれる電気製品の放出ノイズを抑え、電気ノイズによるトラブルを防ぐ性能の利用能力を問う試験です。