包茎治療は恥ずかしい?悩んでる人は知っておくべき包茎治療

自分の包茎種類を学んでおこう

大人になっても包皮を被った陰部は恥ずかしいですよね。でも男性の7割は包茎になっているんです。では、包茎を治すにはどのようにして行動すべきなのでしょう。まずは、自分の包茎の種類を認識しておきましょう。包茎は【真性包茎】【仮性包茎】【カントン包茎】の全部で3種類になります。この中でもっとも多いのが仮性包茎です。通常時は皮が被っていますが、簡単に捲れて勃起をすると自然と亀頭がでたり、勃起した状態でも皮が被った重度の場合があります。真性包茎は普通でも包皮が捲れなく、勃起しても捲れない状態のことです。カントン包茎は通常時に包皮を捲れますが、長時間捲った状態ですと痛くて戻せなくなる状態のことを指します。この3種類の中でどれが当てはまるか確認しておきましょう。

包茎治療はどこでやってくれるの?恥ずかしくない?

包茎治療は専門のクリニックで行います。包茎治療の他にも腋臭や多汗症も治してくれるところもあります。前もって予約を入れていざ初診となります。最初は、恥ずかしく電話を掛けるのも躊躇してしまいますよね。自分の陰部を見せるのに加え、包茎治療をしてもらうんですから抵抗が無い人はあまりいないと思います。しかし、考え方を変えれば専門のクリニックなのでそれ以外の患者はなかなかいないですし、駅前とかではなく、ほとんどが多少離れたところの立地にありますので、入りづらくありません。むしろずっとそのままの方が女性に対して辱めを負うので積極的に実行に移しましょう。

以外に種類豊富な包茎の治療法

包茎治療にも様々な種類があります。例えば矯正器具を使用した治療です。器具を直接亀頭に取り付けたり、下着に取り付けたりとありますが、この治療法は常に川を剥けた状態にし、癖を付けさせる主に仮性包茎に用いられる方法です。手術系になれば、背面切開術や環状切開術などがありますが、抵抗がある方は亀頭直下型埋没法やPPレーザー治療法などがあります。基本的には切開術になります。まずはカウンセリングを受けてみましょう。

包茎の場合、見た目の悪さだけでなく、衛生状態が悪化する恐れもあるため、早めに治療を行うことが重要です。