どうすればお得?太陽光発電の導入前に気をつけること

太陽光発電って本当にお得?

太陽光発電が話題になってから多くの家庭や工場などの屋根に太陽光発電パネルを見かけるようになりましたよね。空き地に敷き詰めているようなところもあります。これらは話題だから導入してみた、というわけではなくてちゃんと計算した結果お得だと判断したので投資をしているのです。何となく投資額だけを見てみると本当に回収ができるのか心配になってしまうのも分かりますが、少しだけ計算をしてみることでちゃんと効果はでますよ。

どれくらいで投資が回収できるのか

家庭用の太陽光発電パネルを導入してから、どれくらいで投資は回収できるのでしょうか。もちろん、電気代が安くなったからといって使用量が大幅に増えてしまっては元も子もないのですが、普通であればだいたい現在の電気使用量から計算して十年くらいで回収するようにしているケースが多いようです。そこからは浮いた分の電気代はずっとプラスになっていくということです。あまり長すぎる期間を回収にかけてしまうと、今度は回収が難しくなってしまいます。ですので現在の電気料金を元にしっかりと計画を立ててから導入をしましょう。

回収期間が長いとどうしていけない?

長い目で見ればいつか回収できればいい、そう考えている方もいるかもしれません。ですが、太陽光発電パネルとそれに関連する機械類も、ずっと壊れずに動くわけではないことを忘れてはいけません。メンテナンス費用などについては導入時に計算にいれているでしょうけれど、太陽光発電パネルの耐用年数について考えから外れていた場合、投資金額の回収の前に交換費用がかかってきてしまいます。パネルの耐用年数も考慮に入れて、プラスになるようにしましょう。

自宅で太陽光発電を行った場合、発電した電力で家庭の電力を補うことができます。さらに発電量が使用量を上回った場合は電力会社が買い取ってくれる制度もあります。