起きてからでは遅い!事前に準備して事業を継続!

起きた時に考える時代ではない

日本は地震大国とされています。歴史においても大きな地震が起きていること記録があり、最近でも大きな被害が出た地震が全国で起きています。予知が難しいこともあり、どうしても実際に起きてみないと何もできないのが現実的なところです。BCP対策は、将来的に災害が起きた時のことを想定して事前に準備をする対策です。地震以外にもいろいろな災害やその他のトラブルが起きる科野性があります。準備をしておけば、事業継続がスムースになるでしょう。

IT系の対策ではデータの分散化を進める

会社にとって重要なのは、かつてはヒト、モノ、カネ、といわれていました。今もそれには変わりはありませんが、近年は時間が加わったり、情報も重要な要素になっています。情報はコンピュータなどに保存ができ、ネットワークを通じてやり取りができます。しかし、情報を一つの所にまとめておくのはあまりよくありません。もし災害が起きて停電が発生すれば、重要な情報が見られないなどの問題が出てきます。BCP対策として、データを日本中に分散化することを進めましょう。

優先順位を決めて社内で情報を統一化

小学校などで避難訓練を行うことがあります。火事がどこで発生したかなどを想定して避難をします。姿勢を低くして、口をハンカチで抑えながらなどなんとなく覚えている人もいるかもしれません。でも訓練と実際とはかなり異なり、実際は大混乱状態になる可能性があります。企業内で災害が起きた時も、何をしたらよいかわからない状態になるかもしれません。BCP対策として、行うことの優先順位を決めて置き、その情報を社内で統一化しておきましょう。個々がスムーズに動けるようになりますよ。

BCP対策とは、Business Continuity Planの略で、意味は「事業継続計画」として使用されます。